スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(豆腐の)レアチーズケーキ
2007 / 05 / 13 ( Sun )
 36-1.jpg

(豆腐の)」となっているのは、本の中では
単に「レアチーズケーキ」と紹介されているためです。
そして、↑今回も何故だか表面がガタガタになってしまいました。
本に掲載されている写真では表面は、平らに整っていたので、
やはり、独学できめ細かい注意点を知らないまま
お菓子を作っているせいなのでしょう。
36-2.jpg

前回のチーズケーキ(粉チーズと牛乳のチーズケーキ)


と同じ方のレシピなので、
型の大きさ、カステラを土台として敷き込むところ、が共通しています。
改良点と思われるのが、土台のカステラの厚みが
5mm→7mmとなっている点です。
スライスしやすくなり、
チーズ部分を流し入れたときに浮き上がってこなくなりました
もっとも、前回のレシピでは、牛乳、生クリームなどの“水もの”
粉チーズ上白糖を足したもの、
今回は、クリームチーズと豆腐にジャムと洋酒を足して作ったものなので、
生地?いや、フィリング?のゆるさ、
流動性の違いからなのかもしれないです。
36-3.jpg

こちらは作った当日に長方形に切り分けたときの写真です。
これはレシピ本にしたがって、この形にしました。
↓下の写真は、翌日三角形に切り分けて雰囲気を変えてみました。
比べてみると、同じジャムを盛っただけの飾りつけなのに
印象が違うので面白いです。
36-4.jpg (豆腐の)レアチーズケーキ

作った日に食べた印象は、
西洋人が豆腐を食べやすいように工夫して作った

豆腐ババロアはこんな風なのでは、

と、いいたくなるほど豆腐大豆風味が強烈でした。
(多分、このケーキより強烈に甘くしてしまうのだろうけど。)
翌日の方が、豆腐とクリームチーズの一体感が増して美味しくなっていましたが
大豆の香りは、しっかり残っていたので、
豆腐が苦手な方にはあまりお勧めできないかな。

今回は、材料にはお砂糖が含まれていますが、
作る過程で直接扱うことはないレシピでした。
台にするカステラやスポンジ、ジャムの種類やジャム以外の味付けも
好みで色々試してみるとアレンジ出来て楽しそうです。

製作日:2006.12.16.(土)
材料:クリームチーズ・絹ごし豆腐・杏ジャム・カステラ・水・粉ゼラチン・ホワイトキュラソー・(あれば)イタリアンパセリ
出展:かんたん!ナチュラルなお菓子/小田真規子/主婦の友社より

同じ本の他のお菓子へはこちらからどうぞ→かんたん!ナチュラルなお菓子―おいしい、太らない、キレイになる。たっぷり食べても低カロリー

レシピ本一覧へはこちらからどうぞ→レシピ本から逆引きの記事をアップしてみました


スポンサーサイト
16 : 12 | チーズケーキ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アリュメットパイ | ホーム | カロリー表示マーク作りました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyon1.blog68.fc2.com/tb.php/36-cfe3261b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。