スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
卵パン(プレーンタイプ・抹茶タイプ)
2007 / 04 / 23 ( Mon )
卵パン(プレーンタイプ・抹茶タイプ)

今回は、以前他のお菓子を作るのに買った
スキムミルク抹茶パウダーを使うために選びました。
あと、蜂蜜を使っている点と、
「日本のおやつ」風だという点にも惹かれました。
網の上で冷まし中で~す。

34-2.jpg

う~ん。例によってアラ探しです。
↑発見!!イボ発見であります。
しかし、いいの。
見本写真にも同じくイボがあったもの!
(ラズベリーのロールケーキ

シナモンシフォンケーキ

ホイルチョコまんじゅう

の様にならなくて、ほっとしました。)

しかし、なんとなく、親近感が沸いてしまうイボだなあ。
母や私にも似たような形状のものが・・・。

34-3.jpg

まずは、プレーンタイプ。
早速、一口いただきます。
う~ん。“パン”と名乗るだけあって、
スポンジ生地やバターケーキよりも
しっかりした歯ごたえがありますな。
ほんのり、蜂蜜の風味がする。

スキムミルクを加えることで
このお菓子にどんな効果をもたらしているのかは分かりませんが、
もしかしたら、このしっかりした噛み応えがその答えなのかしら。
わずかなししっとり感と少し弾力のあるような、
それでいて乾いたような不思議な感触です。

蜂蜜の保湿効果とねばり気も関係していそうな気もします。

34-4.jpg

こちらは、粗熱が冷めきらないうちにビニール袋に入れて
しっとりとさせているところです。

「そのまま冷ませば縁がカリカリ
、↑我が家では火力が弱い電気オーブンのため、カリカリにもならなかったです。
熱いうちにこのようにして冷ますと
↑?嫌な予感のする解説文なので、ある程度冷ましてから袋にいれました。
しっとりとした甘食のような仕上がりになる」との
レシピ本の表記に従い、プレーン、抹茶、両タイプの
出来上がりの半分をしっとりさせてみることにしました。

34-5.jpg

これが翌日の状態です。
ぬ、ぬ~。
な、なんか、じんなりしている。
しっとりというより、
保管に失敗して湿気らせてしまった、
という感じだなあ。
34-6.jpg

抹茶しっとりタイプを頂きます。
もぐもぐ・・・。

さて、しっとりタイプの結果です!!

家族全員
「美味しくない!」という意見で一致いたしました~。

抹茶タイプは、長い時間ビニール袋の口を開けたままにしておいたので、
まだましだったのですが、悲惨なのはプレーンタイプの方です。
表面が、べとべと。
他のお菓子の本でも「パウンドケーキをビニール袋にいれておくとしっとりする」
という表記を見たことがあります。
それを実践してみて、上手い具合に出来たためしがありません。
大概今回のようにべとべと、じとじとになってしまう 青筋
しっとりさせると、翌日必ずまずくなる 青筋 青筋

丁度良いタイミングって、いつなの~!?

製作日:2006/12/9(土)
材料:薄力粉・上白糖・卵・無塩バター・蜂蜜スキムミルク抹茶・ベーキングパウダー・重曹
出展:バウハウスMOOK ぱくぱくCOOKING23/お手軽100kcalおやつ&スナック215レシピ/株式会社バウハウスより

同じ本の他のお菓子へはこちらからどうぞ→お手軽100kcalおやつ&スナック215レシピ

レシピ本一覧へはこちらからどうぞ→レシピ本から逆引きの記事をアップしてみました


スポンサーサイト
03 : 08 | スポンジケーキ・バターケーキ・シフォンケーキ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カロリー表示マーク作りました | ホーム | ヨーグルトアンジュ再び>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyon1.blog68.fc2.com/tb.php/34-5c726803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。