スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
水胡麻豆腐
2007 / 02 / 16 ( Fri )
14-1.jpg

今回、材料不足(練りごま)のため、
4、5人分のレシピを半量で作り、

しかも、4人で分けるという、

荒業に挑戦してしまいました。

なので、素麺のつけ汁やゼリーに使ったら丁度良さそうなサイズのガラスの器に
ほんの、1、2口分と、食べる身にとっては、甚だがっかりな量になりました。

まず、最初につまずいたのは、麦芽糖が手に入らなかったこと。
近所のスーパーでも製菓材料店でも東急ハンズでも薬局でも扱っていなかったのです。
(ネット上で探してみたところ、糖尿病の人のために砂糖の代用として使う、
成分名はマルトースとか、マルチトール云々、と分かった。)
WEB SHOPでは1店舗のみ発見したものの、こんな量をこのお菓子のために購入しても
持て余してしまいそうな1袋1kgといった具合。
水飴としてなら結構あるのだけど、レシピには「麦芽糖水飴」とは書いてないしな・・・。
似た名前でトレハロースとか、トレハオースはあったのだけど、
マルトースの粉末の状態で単独の
少量製品は市場にはほとんど無く

困り果てていると、
我が家にあるパルスイートカロリー1/10の主成分がそれだと言うことが分かり、
高価なので、ケチってフロストシュガーを半量足して使うことにしました。
(※麦芽糖を砂糖と同じ甘さとして、
商品の裏の説明通り、分量を調整しなおしました。)


今回この記事を書きながら再び麦芽糖をネットで調べてみたところ、
あるは、あるは、麦芽糖粉末。
300gの袋から10g小分けパック入りの商品まで・・・、
結局、私の探し方が悪かっただけなのでした。ふう。

ここまでが長かった。ああ・・・。
ここまで丁寧に読んで下さった方々、有難うございます。

14-2.jpg

もう一つつまずいたのが、
水まんじゅうの素に甘味料を混ぜ、水を少しずつ加え混ぜながら加熱する工程。
これもまたあとになってから気が付いたのですが、
他の人のレシピでは、「水を張った鍋に少しずつ振り入れる。」と、なっていました。
この本の通りにすると、よほど慣れていない限り、
ダマになります。

私も見事ダマになりました。とほほ。

水胡麻豆腐

このスイーツ、温かいうちに器に取り分けて頂くものだそうです。
食べてみると、本体の優しい感じの甘味とソースに入っている
はちみつと練りごまの風味の強さが良いコントラストになっていました。

練りごまが加わるとかなり香ばしさとコクがでると想像していたのに、
いい意味で意外な展開が待っていました。
そして、食べた量があまりにも少なすぎて、あまりじっくり味わえなかったです。
くやしか~。
次回は正規の分量で作るとよ(出鱈目福岡弁)。
多分、量が違うと味の印象も違うはず。
本体はレシピ掲載の写真(ソースと同系色の濃淡)に比べると、
かなり白い感じにし仕上がりました。

製作日:2006/11/5(日)
材料:水・白練りごま水まんじゅうの素麦芽糖(今回、パルスイートカロリー1/10+フロストシュガー)・はちみつごま・塩
出展:レディブックシリーズno.1778/からだにやさしい アジアンデザート 1年中楽しめる焼き菓子・汁菓子・ゼリー菓子・もち菓子・氷菓子/のむらゆかり/ブティック社

同じ本の他のお菓子へはこちらからどうぞ→アジアンデザート―1年中楽しめる焼き菓子・汁菓子・ぜりー菓子・もち菓子・氷菓子

レシピ本一覧へはこちらからどうぞ→レシピ本から逆引きの記事をアップしてみました



スポンサーサイト
02 : 10 | エスニック・アジアン | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
<<粉チーズと牛乳のチーズケーキ | ホーム | 玄米フレークとメープルシロップ入りワッフル >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyon1.blog68.fc2.com/tb.php/14-cef802ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
水飴水飴(みずあめ)は、デンプンを酸や糖化酵素で糖化して作られた粘液状の甘味料。グルコース|ブドウ糖、マルトース|麦芽糖、デキストリンなどの混合物で、主成分は麦芽糖である。常態ではほぼ透明だが、混練して空気を含ませると銀白色を呈する。古くは、玄米を発芽させ お菓子先生【2007/07/28 04:27】
マルトース-体が元気になるならない物質
マルトースマルトース(maltose、麦芽糖(ばくがとう)とも呼ばれる)とは、グルコース|α-グルコース2分子がα1-4グリコシド結合した還元性二糖。化学式は炭素|C12水素|H22酸素|O11である。水飴の主成分となっている。名称の由来は、オオムギを発芽させ、湯を加えることに 体が元気になるならない物質【2007/02/22 23:53】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。